品質基準のための銘板

人を幸せにし、永く愛される家具となるために100年使える家具とは、どういったものか、家具の寿命を全うさせて、循環型消費にふさわしい天然木を使った家具とはどういったものか、お客様は基準が明確でないために選択時に価格が優先してしまい、結果「大量消費」「大量廃棄」につながり地球環境への負荷を増長させてしまします。

我々は家具の品質基準を明確にすることで長期間使用できる品質を備えた家具が選択できるようにしてまいります。

住宅業界には建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)といった評価基準がありますが、家具業界にはそのような基準が確立されていません。そのような状況では、お客様にとってどれが天然素材長寿命健康家具なのか判別しにくいのが現状です。そこでハウスオブツリー協会として、お客様が判別しやすいよう、天然素材長寿命健康家具に関する品質を新たに品質評価基準を定めました。

100年安心して使える為に、協会が薦める長寿命家具の品質基準を定め顧客に情報発信し、顧客の認知と理解を得る活動を行います。第三者による品質評価委員会を設置して品質と公平性を標榜してまいります。

品質基準に認証された家具にはその証として銘板が取り付けられます。銘板には個別管理をするためのシリアル番号が発行されております。

銘板及びシリアル番号による履歴管理

「家具の戸籍」=「履歴管理システム」家具と人、人とお店の絆が長く続くように銘板を発行して家具の履歴管理を行います。